FC2ブログ

hanaの思い出➁

  去年のツルバラとhana  まだお庭を歩いていたね

  618-1_2020061718101599d.jpg

hanaが居なくなって2W 早いなー

まだ、hanaのお世話の時間(チッコ、んこ、目薬)やご飯の時間には

自分のご飯より先に『アッやらなくちゃ…!』って無意識に考えているし

キッチンに居ながらhanaの居た場所を見てしまうし

買い物から戻れば『hanaどうしているかな』って心配しちゃう

最後の方は体調が悪かったからね、余計に心配してしまうのかな

前回も書いたけど、本当に食べられなくなったのは3日前からなので

hanaも辛かったのはその数日だったと思う…思いたい…





  それでも、一年前でも目を離すと茂みに倒れていたりしてたね

  618-2_20200617181015051.jpg

  618-6.jpg




亡くなってからいまだ、私の夢には出てきてくれないよ(´;ω;`)

お空組のお友達にご挨拶したり、こちらの様子を見に来たり忙しいのかな

でも、よく『亡きわんこの気配がした』って聞くけどそれはあるの

亡くなって4日目の朝、とーちゃんが始発で出掛ける朝

前の晩にちょっとしたイサカイで私は「明日の朝は起きないからね!

って起きる気にならなくて、ベッドでグズグズしていたら

寝室のドアから誰かがぬぅ~って入って来る気配がしたの

きっと、hanaが「お母さん、ちゃんと行ってらっしゃいしなよ!」って

起こしに来たんだなーって思いました(;^ω^)

もちろん、今は仲直りしていますよ



  夜のぽんさもお庭を徘徊したね

 618-3.jpg

hanaは私達夫婦のまさに『カスガイ』だったから

居なくなったら…どうなるんだろう?と不安もあったけど

一緒に積み重ねた楽しい思い出と、一緒に心を痛めた事は

私達を深い絆で繋いでくれたなーと思います

居なくなっても大丈夫! hana心配しないでね

心配させないようにしないとな!!

まさに『夫婦喧嘩は犬も喰わぬ』か(≧▽≦)





                  


最期のお別れのペット霊園のお話です。。。

用意してくれた『天使のゆりかご』(もちろん有料)のまま火葬炉へ入ります

最後にhanaのお耳をキュッキュッて触ってバイバイ

最期の最後は声を上げて号泣してしまいました(>Д<)

 618-12.jpg




真ん中の建物が炉が入っている建物 どこも小綺麗

 618-10.jpg




待っている間は何だか冷静になっていた自分

待合室もキレイで他の人とも合わず、良かった

 618-9.jpg




屋根の上にモヤ~っと熱気が上がっているのが見えました

あー、hanaの魂もお空に溶け込んでいってるんだなぁ… 

 618-11.jpg




たまたま、hanaを引き出した『動物保護センター』が葬祭場の近くで

お骨になったhanaを連れて建物の前までちょっと寄ってから帰りました

 618-7.jpg

hana~ここから来たんだよ

17年前の3月にね

私はhanaしか救い出していないけど

どうか、幸せになるわんにゃんが増えますように



Instagram はこちら→☆
 (IEでは開けないようです…Microsoft Edgeかスマホだと開けます)


     
プロフィール

kyonk

Author:kyonk
'03年3月31日に動物保護センターからやってきたhanaです。
パパもママも何犬かわからないけど身体の甲斐トラ柄から甲斐犬mixと信じています。
仲間内では『カイックス』っていうんだ。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カイックス会員証
カイックス会員証35
ハフンメンバーカード
ハフンメンバーカード80
永遠の29歳同盟
  29同盟
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索